リリース

サイバーエージェントの新福利厚生施策「卵子凍結補助」の導入にあたり、グレイスグループが制度設計および社員の理解向上に向けた啓発をサポート

株式会社グレイスグループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝見祐幸、以下「グレイスグループ」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、以下「サイバーエージェント」)が新たな福利厚生として導入した卵子凍結補助の制度設計のサポートを行いました。当社ではドクターズセミナーやオンラインカウンセリングの提供により、サイバーエージェント社員の方々が自分のカラダについて理解を深めつつ、ご自身が望むキャリアとライフプランを両立できる環境の整備に向けて、サポートを行ってまいります。

多くの女性社員が活躍するサイバーエージェントは、2014年に女性活躍促進制度「macalonパッケージ(※)」を導入し、社員が長期で活躍できる職場環境の向上に取り組んでいます。女性活躍が進み、またさまざまな社会変化を背景に個人の価値観やライフスタイルの多様化が進む中、同社では社員のライフプランやキャリア形成の選択肢を広げるとともに、一人ひとりの社員が能力を発揮しながら自分らしく長期で活躍できる職場環境の実現に向け、新たな福利厚生として「卵子凍結補助」を導入しました。

今回の導入に伴い、サイバーエージェント社員の方に向けた無償のドクターズセミナーの開催をグレイスグループにてサポートいたします。卵子凍結における正確な情報や知識は、ご自身で調べるには複雑で不安を感じられる方も多いのが現状です。専門医から直接話を聞ける機会を提供することで、納得した上で制度を利用できるよう支援してまいります。

ドクターズセミナーは、杉山産婦人科理事長の杉山力一氏、グレイス杉山クリニックSHIBUYA院長の岡田有香氏など、卵子凍結を含め、第一線で女性のヘルスリテラシー向上に向けた啓発活動、プレコンセプションケアの推進を行っている産婦人科専門医が登壇します。

▼杉山産婦人科グループ
https://www.sugiyama.or.jp/

▼グレイス杉山クリニックSHIBUYA
https://grace-sugiyama.jp/

今後も、グレイスグループは各企業様に向けて、各社が導入しやすい形を意識しながら、医学的にも社会的にも意義のある卵子凍結費用補助制度の福利厚生での導入サポートを行ってまいります。

※サイバーエージェント 女性活躍促進制度「macalonパッケージ」
https://www.cyberagent.co.jp/sustainability/info/detail/id=26074

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム