Grace Bankが選ばれる理由1
国内最高峰の厳選された
不妊治療クリニックを全国に組織化
どこのクリニックを
選んだらいいかわからない
というお悩み解決!
不妊治療は自由診療のため、料金体系や卵子凍結の保管に関しても、明確な基準がなくクリニック任せなのが現状です。そして、将来胚移植をする際、採卵・凍結をしたクリニック以外での実施は難しいことがあります。

Grace Bankでは、全国各地の生殖医療の現場で臨床医として活躍するドクターが中心となって設立された日本IVF学会の理事長である塩谷雅英先生の英(はなぶさ)ウィメンズクリニック、同学会常務理事の杉山力一先生率いる日本最大規模の産科・生殖医療グループである杉山産婦人科グループをはじめ、国内最高峰の厳選された不妊治療クリニックを全国に組織化しています。将来の不妊治療の際には、Grace Bankでお預かりしている凍結卵子をどの提携クリニックでもご利用いただけますので、転勤や引っ越しの際にも安心です。

日本最高峰の厳選されたクリニック

確かな実績を持った経験豊富な不妊治療の専門医を擁するクリニックを厳選して、提携ネットワークを作っています(順次全国主要都市に拡大中)。将来みなさんが凍結卵子を使用する際にも安心して不妊治療に取り組んでいただける万全の体制を構築していきます。

統合医療で最新の不妊治療に取り組む東北エリアを代表するクリニック
仙台ARTクリニック(宮城県仙台市)
西洋医学と伝統医学(代替療法)の特性を合わせた統合医療を掲げ、ひとり一人に最も適したオーダーメイドな不妊治療を実現します。患者さま自身の妊娠する力と最先端の生殖補助医療(ART)を統合することにより、自然治癒力を目覚めさせながら、心身のバランスを整えていきます。また、東北大学をはじめ、県内外の医療施設や研究機関と連携しながら、常に世界水準の治療技術を診療に活かせるように研鑽を積んでいます。
専門医約40名を抱える日本最大級の産科・生殖医療グループ
杉山産婦人科グループ(東京都千代田区・新宿区)
杉山産婦人科グループは60年の歴史を持つ産婦人科クリニックで、現理事長の杉山力一医師が不妊治療への本格的な取り組みを始めて以来、今では同クリニックでの診療を求めて全国から患者さんが集まる、国内不妊クリニックの中でも、実績、規模共に自他共に認めるトップ施設です。現在は、世田谷区代田の本院で分娩を中心に産科婦人科の診療を、丸の内オアゾ内の丸の内院と新宿駅徒歩3分の新宿院で、高度生殖医療の診療を行っています。
ご夫妻がともに専門医!高い実績を誇る生殖医療クリニック
はなおかIVFクリニック品川(東京都品川区)
はなおかIVFクリニックは、2006年設立のはなおかレディースクリニックを母体に、2014年に大崎駅直結のゲートシティ大崎内にオープンしました。ご夫妻である理事長の花岡嘉奈子医師と院長である花岡正智医師のお二人の産婦人科専門医を中心に、最先端の医療設備を揃えて、患者さんの立場に立った丁寧な診療を行い、着実に実績を重ねてきました。開院以来の治療成績でも、産科婦人科学会の統計での平均値を大きく上回る良好な成績を上げています。
「自分の子供を腕に抱く」あなたの夢を応援します
両角レディースクリニック(東京都中央区)
海外でも顕微授精の研究経験を持つ、高度生殖医療一筋の両角和人院長が率いる不妊治療専門のクリニックです。必要に応じて他院との連携も密に取りながら、全ての診療行為に専門医が責任を持って携わり、看護師、助産師、胚培養士、臨床検査技師、不妊カウンセラー等、各分野のスペシャリストも揃えてチーム医療を実践しています。働いている方がストレスなく通えるよう、銀座駅、有楽町駅至近のクリニックで18時半まで診療を受け付けています。
日本IVF学会副理事長である古井憲作医師のクリニック
クリニックママ(岐阜県大垣市)
「全ての方へオーダーメイドな医療を」をモットーに、最新の医療設備を整え、経験豊富な産婦人科医(常勤・非常勤併せて14名)、培養士、看護師がチームを組んで、患者様ひとり一人に合ったオーダーメイド治療を実践しています。また、日進月歩で技術革新がおこる不妊治療に取り組むにあたり、高い医療レベルを維持するために、不妊症関連学会での研究発表を積極的に行いながら、最先端の知見を毎日の診療に取り入れています。
全国の不妊治療クリニックをリードする日本IVF学会理事長のクリニック
英(はなぶさ)ウィメンズクリニック(兵庫県神戸市)
関西最大規模のスペースを誇るクリニック内には、最先端の機器と設備を備え、最高水準の生殖医療を実践しています。患者の立場に立った心身両面からのきめ細やかなサポートにより、日本IVF学会の理事長も務める塩谷雅英院長は、患者のみならず、生殖医療に取り組む全国のドクターたちからも絶大な信頼を得ています。最新の治療方法・培養技術・各種手術はもとより、漢方、鍼灸、アロマ、ヨガ、サプリなども治療に取り入れています。
グループ200名で女性のトータルライフサポートを実現
三宅医院(岡山県岡山市)
三宅医院は、産科婦人科クリニックとして1980年に岡山の地で開院、以来30,000名を超える方々の出産に立ち会いつつ、産科を中心にしながら女性のトータルライフサポートを実現するグループとして成長してきました。不妊治療にも1995年から取り組み、先進の技術も取り入れつつ着実に実績を重ねています。現在は三宅医院のみで100名、グループ全体では200名を超える専門職能集団として地域とともに発展を続けています。
日本初の体外受精専門クリニックとして開院以来、世界水準の医療を提供
広島HARTクリニック(広島県広島市)
1990年に日本初の体外受精専門外来クリニックとして開院、1992年には日本初の精子注入法(SUZI)による顕微授精に成功しています。以来、顕微授精、胚培養、胚の低温保存法のガラス化技術、ART医療安全管理システムなど、常に先進的な技術、機器を積極的に取り入れながら、日本の生殖医療の発展に寄与してきました。これまで4000児以上の挙児を手掛け、医師、スタッフ一同、常により高い水準の医療を提供すべく研鑽を続けています。
沖縄の緑に囲まれた広大な敷地で最先端の生殖医療を実践するクリニック
空の森クリニック(沖縄県島尻郡)
1.2ヘクタールの森に囲まれた、沖縄の伝統工法を活かして作られた木造建築の中に、プライバシーにも配慮しながら最先端の設備を配置、経験豊かな専門医が、患者さんの気持ちに寄り添った診療を行っています。沖縄県唯一の「不妊看護認定看護師」をはじめ、不妊治療に精通したドクター、スタッフが、単なる不妊治療だけではなく、トータルライフコーディネーターとして心を込めて診療に当たっています。
まずはメルマガに登録