卵子凍結について

卵子凍結の費用を抑えるには?|卵子凍結の助成金や福利厚生制度についてご紹介

女性の社会進出が進み、ライフプランとキャリアプランの両立に悩む女性が増えています。将来子供が欲しいとお考えの方で、「卵子凍結保存」を具体的に検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしながら、いざ卵子凍結について調べていくと、費用面がネックになり、卵子凍結を悩まれる方もいらっしゃるかと思います。卵子凍結の費用は一般的に50万円前後が相場と言われており、なかなか即決できる金額ではありません。

今回は卵子凍結の費用を少しでも抑えたい方へ、卵子凍結の助成金や福利厚生制度についてご紹介します。

卵子凍結とは

卵子凍結とは、将来体外受精することを見据えて、未受精の卵子を凍結保存することです。若いときに卵子を残しておくことが、将来の妊娠の可能性を拡げる選択肢の一つとなります。

参考)Grace Bank「卵子凍結の意義と可能性とは(動画)」

参考)公益社団法人 日本産婦人科学会 ノンメディカルな卵子凍結をお考えの方へ

卵子凍結の費用

卵子凍結の費用は一般的に50万円前後が相場といわれています。卵子凍結保存にかかる費用は、大きくわけて3つです。

  1. 採卵のためにクリニックに支払う費用
  2. 凍結した卵子の保管費用
  3. 体外受精時の費用

採卵のためにクリニックに支払う費用

(1)検査費用として約10〜30万円

不妊治療クリニックなどでの初回の検査料(血液検査・ホルモン検査など)、排卵誘発剤などの処置費用、診察費用などです。

(2)採卵費用として約20万円

クリニックによっては採卵する個数によって変動することもあります。更に、麻酔希望の場合は、局所麻酔約2万、静脈麻酔約5万が加算されることもあります。

(3)凍結費用として約3~12万円

試験管1本あたり約3万円(試験管1本に3個まで凍結可)で、4~6個は6万円、7~9個は9万円、10~12個は12万円が目安です。

凍結した卵子の保管費用

(1)保存費用として年間約5万円

年間5万円~/1ケーン(1ケーンで試験管5本=凍結卵子15個)あたりの金額です。

体外受精時の費用

(1)出庫費用

保存施設からクリニックまでの移送について、専門業者による移送費用の実費(都内で3万円程度)がかかります。

(2)体外受精費用

不妊治療の場合、体外受精にかかる費用は約50万円/回と言われています。

少しでも費用を抑えるポイント

卵子も実年齢に伴って老化し、卵子の量・質が低下すると、妊娠確率低下につながるといわれています。卵子が若く、妊孕性が高いと、一度の採卵で質の良い卵子が多くとれる確率が高くなります。つまり、若く妊孕性の高いうちに卵子凍結をすると、何度も採卵する可能性が低くなり、結果として採卵費用が抑えることができます。

一方で、若いうちの卵子凍結保存は金銭的な面で負担が大きく、なかなか踏み出せない方もいらっしゃるかと思います。そこで、少しでも費用を抑える4つのポイントをご紹介します。

  1. 価格が明瞭で支払いプランが選べるクリニックを選択する
  2. 安全な保管体制とコストが抑えられる凍結卵子の保管サービスを利用する
  3. 卵子凍結の費用に係る助成金(東京都)を利用する
  4. 福利厚生制度を利用する

なお、不妊治療の体外受精のための卵子凍結費用は、医療費控除の対象になりますが、将来に備えた卵子凍結費用は、医療費控除の対象にはなりません。

グレイス杉山クリニックSHIBUYAの卵子凍結定額パッケージ

価格が明瞭で支払いプランが選べるクリニックを選択することが費用を抑えるポイントのひとつです。

渋谷駅から徒歩4分、宮下公園向かいのcocotiビル5階にあるグレイス杉山クリニックSHIBUYAでは、各種検査、排卵誘発剤、局部麻酔、採卵・凍結費用を含む未受精卵凍結(卵子凍結)について、凍結する卵子の数に関わらず、一律38万円(税込価格41万8千円、初回採卵時)のパッケージ料金で提供しています。

さらには、2023年12月1日より凍結個数に応じた返金プランがスタートし、採卵終了後、凍結個数が5個以下だった場合には、採卵日に5万円の返金があります。

料金はこちら⇒https://grace-sugiyama.jp/price

グレイスバンクの卵子凍結保管サービス

グレイスバンクは国内最高峰の体制と最新技術で安心を提供している卵子凍結保管サービスです。グレイスバンクは高度な機能を持つ大型タンクで凍結卵子を一括保管することにより、長期間に亘る安全な保管体制とコストの削減を実現しています。

グレイスバンクでは月額2,750円(※ベーシック(年払い)プラン、初年度初期費用別途)をはじめとする3つのお支払いプランを選択できます。

グレイスバンクは国内最大級バンクであり、過去23年間に亘って無事故を誇る安心の保管システムを運用するステムセル研究所と提携し、最新のモニタリング機器と厳重なセキュリティ環境のもと、大切な卵子を保管できます。

またグレイスバンクは国内最高峰の厳選された不妊治療クリニックを全国に組織化しているので、転勤や引っ越しの際でも凍結卵子をどの提携クリニックでもご利用いただけます。

グレイスバンクの全提携クリニック一覧はこちら

卵子凍結に係る費用に助成金が出るケース

2023年10月現在で国や自治体から助成金(補助金)がでるケースは以下の2つです。

2021年度(令和3年)から厚生労働省より「小児・AYA世代がん患者等に対する妊孕性温存研究促進事業」が開始されました。これは『将来子供を産み育てることを望む小児・AYA世代(思春期(15歳~)から30歳代までの世代)のがん患者が希望を持ってがん治療に取り組めるように、将来子供を出産することができる可能性を温存するための妊孕性温度療法に係る費用の一部を助成し、その経済的負担の軽減を図る』(厚生労働省HPより)というものです。国は費用の負担軽減をすることにより、妊孕性温存研究の臨床情報を収集し「妊孕性温存療法」を高めていくことができます。この一環として卵子凍結をする場合は、国や自治体から補助金が出ます。

また2023年度から開始された東京都の「卵子凍結にかかる費用助成」は、将来の妊娠に備える選択肢の一つとして、「卵子凍結に係る費用」及び「凍結卵子を使用した生殖補助医療」を補助する助成制度です。これまで東京都では、がんの治療のために女性が妊娠するための力(妊孕性)を温存する方法として、卵子凍結への支援をしていましたが、健康な女性の将来への備えとしての卵子凍結を支援するのは初めてです。対象は東京都に住む18歳から39歳までの女性で、採卵準備までの投薬・採卵など卵子凍結費用に対し、最大で30万円の支援が受けられます。

卵子凍結に関する福利厚生制度

アメリカでは大手企業19%が「卵子凍結」を福利厚生にとりいれています。2014年のFacebook(現:Meta)での導入を皮切りに、卵子凍結費用の福利厚生としての補助制度の普及が進み、2020年には社員数2万人以上の企業の19%が導入しています。

また、日本受精着床学会のアンケート調査によると、将来に妊娠・出産をする可能性を考えて卵子凍結(社会的卵子凍結)を行った数は、2021年に全国で1,398件。同アンケートでは、がん治療や不妊治療のために行う医学的卵子凍結回数より、将来に備えて行う社会的卵子凍結回数の方が多いこともわかったとのことです。このことより、日本で「卵子凍結」の件数は増加していることがわかりますし、先ほどの東京都の動向なども踏まえますと、今後もますます普及する兆しを感じます。

データ出典:日本受精着床学会「日本受精着床学会会員の皆様へ(卵子凍結に関するアンケート調査に関しまして)」

ここで、グレイスバンクを利用し「卵子凍結」を福利厚生制度として導入した企業様の事例を紹介します。

その他、グレイスバンクではベネフィット・ワンやリロクラブの会員様向けのご優待がございます。

ベネフィット・ワン会員様向けご優待

ベネフィット・ワン会員様はグレイス杉山クリニックSHIBUYAの初診料+エコー+AMH検査が通常14,300円(税込)が12,100円(税込)で受けられるプランやグレイスバンクの卵子凍結に関わる保管初期費用が通常110,000円(税込)が104,500円(税込)になるプランがございます。

プラン詳細はこちら⇒https://bs.benefit-one.co.jp/bs/pages/bs/srch/menuPrticSrchRslt.faces?menuNo=644433

AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査は、卵巣の中に卵子がどれくらい残っているかを調べるための血液検査です。AMH値が高いと、これから育つ卵胞が卵巣内にまだたくさんある状態、値が低いと卵胞が少なくなってきている状態を示し、今後排卵できる期間が長いか短いかを予想できます。

 「卵子の数の減少」は個人差が大きく、自覚症状がありません。実年齢に比例せず、検査によってでしか知ることができないため、定期的な検査によって自分の身体を知ることが重要です。是非、この機会にクリニックで自分のカラダをチェックしてみましょう。

リロクラブ「福利厚生倶楽部」会員様向けご優待

リロクラブ「福利厚生倶楽部」会員様はグレイスバンクの卵子凍結に関わる保管初期費用が通常110,000 円(税込)が 104,500円(税込)になるプランがございます。

ベネフィット・ワン、リロクラブのプランを利用される際は、マイページのご登録時に、「ご利用になる制度」より利用されるクーポンをご選択の上、 「会員番号/クーポンコード」欄に上記のコードをご入力ください。

マイページログイン後にも入力可能です。
マイページにログイン→【会員情報】→【編集】→【勤務先企業の福利厚生やその他紹介サービスを利用】→【する】を選択→【ご利用になる制度】より利用されるクーポンをご選択の上、 【会員番号/クーポンコード】欄に上記のコードをご入力ください。

まとめ

パートナーや仕事の都合で、すぐに妊娠・出産準備が整わないという人は、若いうちに卵子凍結保存をして、将来の妊娠確率を高める方法も選択肢の一つとしてご検討ください。

卵子凍結の費用は一般的に50万円前後と言われていますが、価格が明瞭なクリニックや保管サービスを選択いただくことや、助成金・福利厚生制度の利用で少しでも費用を抑えられることができます。ぜひご自身が助成金や福利厚生制度の対象かどうかを確認したうえで、卵子凍結保存の実施を検討してください。

Grace Bankの無料セミナー・個別相談会をご活用ください

卵子凍結には時間も費用も一定程度かかり、お悩みの皆様も多いことかと思います。
Grace Bankでは無料セミナーや、カウンセラーによる個別相談会(いずれもオンライン)を実施しています。セミナーで知識と理解を深めたうえで、カウンセラーへの個別相談で個人的な疑問や不安を解消できます。

▼この記事の監修は…

医師紹介:名倉 優子(なぐら ゆうこ)
杉山産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
かんたん1分!卵巣年齢チェックかんたん1分!卵巣年齢チェック

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
このクリニックを予約するクリニックHPが開きます。