卵子凍結について

生理痛がひどい時の対処法3選|生理痛の原因と正しい解決策は?

生理は女性の一生で多く付き合わなければいけないものですが、人によっては毎回生理痛に悩まされています。

ひどい生理痛が続いてもそんなものだろうと放置している人もいるかもしれません。

しかしそれは不妊の原因にもなってしまいます。

今回はひどい生理痛に悩まされている方のためにその原因と正しい解決法についてご紹介します。

ひどい生理痛がおこる原因

実は生理がきても本来はあまり痛みは出ないものと言われています。

では毎回ひどい生理痛がくるという人の原因は何なのでしょうか。

子宮収縮が強い

生理とは月経周期の中で妊娠しなかった場合に、受精卵のベッドとなるために用意して分厚くなった子宮内膜を剥がし、体外に排出するために起こります。

プロスタグランジンというホルモンは、子宮を収縮させ剥がれた子宮内膜や経血の排出を行うために必要なのですが、この分泌が過剰になると子宮の収縮が過剰になるため下腹部や腰に痛みが強く出てしまいます。

女性ホルモンバランスの乱れ

主にストレス、生活の乱れなどにより女性ホルモンのバランスは乱れてしまいます。

女性ホルモンは妊娠出産だけでなく日常的に女性の体にとって大切なものです。

このバランスが崩れると子宮内膜が厚くなったり、血行不良、プロスタグランジンの分泌過多つまり支給収縮が強くなったりするなど生理痛につながる症状を引き起こすこととなります。

子宮や卵巣の病気

ひどい生理痛には子宮や卵巣の病気が隠されていることがあります。

  • 子宮内膜症 通常は子宮の中で厚くなったり剥がれたりする子宮内膜が子宮外にもできてしまうもの
  • 子宮筋腫  子宮の筋肉の一部にできる良性の腫瘍
  • 子宮腺筋症 子宮の筋肉の中に子宮内膜に似た組織ができ、子宮全体が大きくなってしまうもの

どれもよく女性の病気として挙げられるもので自覚症状の少ないものもありますが、ひどい生理痛を引き起こすこともあります。

生理痛がひどい時の対処法3選

では実際にひどい生理痛に悩まされている場合にはどのように対処できるのでしょうか。

下半身を温める

痛い時に自然と行っている人も多いでしょうが、特に下腹部、腰、足首、足先など下半身を中心に温めることで血行を良くしましょう。

生理痛を引き起こしてしまうホルモン、プロスタグランジンが滞るのを防いでくれます。

足湯や電気毛布、カイロなどでじんわりと温めましょう。

鎮痛薬を飲む

痛みがあらわれたら無理をせず鎮痛剤を飲みましょう。

薬局でも簡単に手に入る頭痛薬として売られている鎮痛剤はもちろん、最近では生理痛用の鎮痛剤も市販されています。

鎮痛剤を飲めば症状が落ち着くのであればためらわずに服用して痛みから解放されましょう。

リラックスして体を休める

生理痛が続くのはひと月の中でほんの数日です。

忙しい日々の中でなかなか難しいかもしれませんが、自分を大事にして体をリラックスさせてあげましょう。

可能ならば無理せず横になって休んだり、下半身を締め付けない服装で過ごしたり、好きな音楽やアロマでリラックスするのも良いです。

体を動かす方が好きという方も、生理中はランニングなどの激しい運動はさけ、のんびりしたストレッチ程度にとどめるのが良いでしょう。

生理痛がひどい場合は、婦人科受診が一番の解決策

毎月生理痛がひどく悩んでいる場合は迷わず婦人科を受診してください。

対処法で緩和できるのであれば良いですが、生理痛はさまざまな原因が考えられ、その中に病気である場合もありますので一度診てもらうのが良いでしょう。

その原因が月経困難症による場合は低用量ピルの服用で月経をコントロールすることで解決することが多いです。

女性の生殖機能への蓄積したダメージは将来の不妊につながる可能性もあるため、いつか子どもがほしいと考えている人には、ひとつの選択肢として若いうちに卵子の凍結保存をしておくこともできます。

卵子凍結保存とは

卵子が若くて妊孕力(妊娠する力)の高いうちに、質の高いまま保存しておき、将来子どもが欲しいときにまた体内に戻すことができるのを知っていますか?

母体の加齢は止められないので一般的には40歳前後までとが保存できる期限になります。

国内最大級の卵子凍結保存のバンクであるGrace Bankでは、安全に採卵され、マイナス196℃の液体窒素で凍結された卵子を半永久的に保存することが可能です。

このような凍結融解卵子から産まれた子どもに染色体異常、先天異常、発育障害のリスクが増大することはないという見解が米国生殖医学会からされていることから 2013年に日本生殖医学会がガイドラインを正式決定し、健康な未婚の女性が将来の妊娠に備えて保管できるようになりました。

ここ数年で性能の進化や技術の向上により高い精度で卵子の融解後の生存率も90%を超えるようになりました。

Grace Bankは、国内シェア99%である民間人臍帯血バンクのステムセル研究所と提携し、設立以来20年以上無事故を誇る施設の専用大型タンクで、凍結した卵子を一括管理しています。

Grace Bankの専門医無料セミナー・個別相談会をご活用ください

卵子凍結には時間も費用も一定程度かかり、お悩みの皆様も多いことかと思います。Grace Bankでは専門医による無料セミナーや、カウンセラーによる個別相談会(いずれもオンライン)を実施しています。専門医による解説で知識と理解を深めたうえで、カウンセラーへの個別相談で個人的な疑問や不安を解消できます。

まとめ

一度や二度生理痛がひどいという時には、温めたり無理せず鎮痛剤を飲んだり休んだりという対処法で乗り切ることもできます。

しかし根本的には婦人科をためらわず受診して治療をするのが大切です。

仕事などの生活が忙しいと婦人科の受診はなかなか後回しにしがちですが、妊娠出産、そして女性の体として重要な器官である子宮や卵巣にダメージが蓄積してしまいます。

そのダメージは不妊へとつながる可能性もありますので、早めの受診もしくは将来の妊娠のために妊孕力の高い卵子を凍結保存するという方法もおすすめです。

まずはご自分の体を大切にして、いつか可愛い赤ちゃんに会える日が来ることを応援しています。

▼この記事の監修は…

医師紹介:名倉 優子(なぐら ゆうこ)
杉山産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
かんたん1分!卵巣年齢チェックかんたん1分!卵巣年齢チェック

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
このクリニックを予約するクリニックHPが開きます。