選択的卵子凍結 「Grace Bank」 をPerk会員向けに優待価格で提供開始

株式会社グレイスグループ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:花田秀則、以下「グレイスグループ」)は、サービス掲載パートナーとしてウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:仲 暁子、以下「Wantedly」)の福利厚生サービス「Perk」に参画し、2021年11月1日(月)より、Wantedlyの運営する「Perk」の会員(約20万人、2021年10月時点)を対象に、グレイスグループの運営する選択的卵子凍結サービス「Grace Bank」を優待価格にて提供いたします。これにより、掲載済みの福利厚生代行サービスの会員と合わせ、Grace Bank優待価格の対象総数は延べ2750万人以上になります。

Perk x Grace Bank

日本は世界で最も深刻な少子化問題を抱える国であり、2021年の年間出生数はついに80万人を割り込むとまで予測されています※。同時に世界最多の体外受精件数を誇る不妊治療大国でもあり、不妊治療技術は世界最高と言われながらも、その成績は芳しくありません。また、世界経済フォーラムによる「世界ジェンダー・ギャップ報告書2021」によれば、日本の総合スコアは対象153カ国中120位と、女性の社会進出や女性活躍の領域において、先進国の中でも大きな遅れを指摘されています。先進国の中でも生産性の低い日本が、女性の平等活躍を経済面で実現できれば、GDPは5,500億ドル増加するという試算もあります。
(※出典:日本総研「コロナ禍で加速する少子化」)

これら「深刻な少子化」「高い技術がありながら、成績の低い不妊治療」「進まない女性の社会進出」の3つの社会課題の改善・解決には、「企業等を巻き込んだ社会全体での取り組み」、「最新のソリューションの積極的な活用」の二つが不可欠であると当社は考えています。グレイスグループの提供する選択的卵子凍結サービス「Grace Bank」は、女性がご自身のキャリアやライフプランと向き合う上で有効な選択肢の一つです。

卵子凍結は女性のキャリア選択の自由度を向上するソリューションですが、職場の理解や社会的な後押しが無ければ機能しにくい側面があるため、業務提携を通じて、卵子凍結サービスの提供だけでなく啓発活動にも注力しています。多様化する女性のキャリアやライフプランを積極的に支援することで、社会全体の利益の創出に取り組み、「女性の医学的機能を理解し、社会全体で向き合う時代」の実現と、それによる日本の国際競争力強化及び社会環境の改善に貢献してまいります。

【提携内容】
Perk会員へのGrace Bank優待価格でのご提供

Wantedlyが提供する会員制福利厚生サービス「Perk」の会員は、以下の要件にてGrace Bankのサービスをご利用いただけます。

開 始:2021年11月1日(月)
対 象:Wantedlyが運営する「Perk」の会員(約20万人 ※2021年10月時点)
内 容:選択的卵子凍結保存サービス「Grace Bank」の卵子凍結に関わる保管初期費用 通常110,000円(税込)を5,500円割引で提供

【ウォンテッドリー株式会社について】
ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数41,000社、個人ユーザー数310万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

ウォンテッドリー株式会社概要

商 号:ウォンテッドリー株式会社
設 立:2010年9月
代表者:代表取締役 仲 暁子
本 社:東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
事業内容:ビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営
ウェブサイト:https://wantedlyinc.com/ja

卵子凍結や妊活に関する耳寄り情報は、
メルマガの他、各種SNSでお受け取りいただけます。