3月16日に発生した地震による保管庫の影響はございません

お客様各位

平素よりGrace Bankをご利用いただき、誠にありがとうございます。

3月16日午後11時36分ごろに、当社の凍結卵子保管庫のある神奈川県を含む地域で強い地震がありました。被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当社凍結卵子保管庫におきましては、地震直後に現地確認を行い、すでに設備等に異常がないことを確認しております。
また、本日も施設は、通常通り稼働しております。

当社凍結卵子保管庫はステムセル研究所細胞保管センター内にございます。
施設のあるジャーマンインダストリーパークは、建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づく指標において最も高いレベル(「地震の振動および衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険が低い」)の耐震性を有しています。ジャーマンインダストリーパークのある横浜市緑区は、堅固な地層を支持基盤としているため、地震による液状化の危険がありません。また、横浜市の津波到達予想区域から7km内陸に離れた海抜12m地点にあるため、津波による災害の心配もありません。
また、電力供給が停止したとしても、バックアップ電源を有していることに加えて大型タンクによる保管であるため、1週間停電が続いたとしても温度変化の心配がありません。その後電源が復旧しない場合でも手動による液体窒素補充も可能であるため、保管状態を維持する体制が整っております。

※ご参考:ステムセル研究所発表

3月16日(水)の夜間の地震による影響はありません。

どうぞご安心くださいませ。
Grace Bankを引き続きよろしくお願い申し上げます。

卵子凍結や妊活に関する耳寄り情報は、
各種SNSでお受け取りいただけます。