卵子凍結について

妊娠確率は年齢によってこんなに違う!妊娠確率を上げる3つの方法とは?

20代と40代の妊娠確率はなぜ違うのか?何となく想像がつくけれど…将来妊娠をお考えの方にぜひ知っていただきたい年齢別の妊娠確率について解説します。また、妊娠確率を上げるための嬉しい方法もご紹介します。

【年齢別】自然妊娠の確率

年齢により妊娠確率が違うということはご存知の方も多いと思います。実際に数字で見ると、年齢別の妊娠確率の違いがより鮮明にわかります。

  • 20代の妊娠確率 25~30%/月、78~86%/年
  • 30代の妊娠確率 5~30%/月、52~36%/年
  • 40代の妊娠確率 1~5%/月、5~36%/年

1周期当たりの妊娠率(※1)

  • 25歳:25%~30%
  • 30歳:25%~30%
  • 35歳:18%
  • 40歳:5%
  • 45歳:1%

1年間避妊しないで性交渉をした場合の年代別妊娠確率(※2)

  • 20歳~24歳:86%
  • 25歳~29歳:78%
  • 30歳~34歳:63%
  • 35歳~39歳:52%
  • 40歳~44歳:36%
  • 45歳~49歳:5%
  • 50歳以上:0%

(※1、※2とも M.Sara Rosenthal.The Fertility Sourcebook.Third Edition よりデータ引用)

20代と40代では妊娠確率がなぜ違う?

年齢を重ねるごとに、自然妊娠の確率は大きく下がります。では、なぜ年齢により妊娠確率が違うのでしょうか?

考えられる原因のひとつは「卵子の老化」です。卵子は目に見える形で存在するわけではないので、老化という実感は湧きにくいかと思います。皮膚や髪質の老化と同様に、卵子も年齢とともに老化するのです。

「卵子の老化」とは、卵子そのものの「数」の減少と、妊娠にいたる卵子の「質」の低下を言います。数の減少とは、初潮のときに30万個あった卵子が38歳では3万個くらいまで減少します。また、質の減少とは、正常な受精卵になるための卵子の機能(妊孕性=妊娠する力)が低下し、35歳ぐらいから閉経にかけて急激に進行していきます。また、35歳を過ぎると、卵子の老化に加え、流産・早産・死産・遺伝子疾患などの胎児リスク、妊娠高血圧症候群などの合併症・緊急帝王切開などの母体リスクが年々増加する事実も、残念ながら目を背けるわけにはいきません。

妊娠確率を上げるためにできる3つの方法

年齢が下がると妊娠確率が下がること悲観せずに、ここからは妊娠確率を上げるための方法についてご紹介いたします。

女性ホルモンバランスを整える

女性ホルモンは、脳の視床下部からの命令で分泌されます。この視床下部には、自律神経の中枢もあり、ストレスを受けるとホルモンバランスの乱れにもつながることがあります。十分な睡眠、程度な運動、バランスの取れた食生活、リラックスすることなど健康的な生活習慣を構築することで、女性ホルモンのバランスを整えることが大切になります。

排卵日を把握する

最近は「フェムテック」という言葉も広がってきました。「Female(女性)」と 「Technology(技術)」を合わせた造語で、生理や出産、更年期など女性特有の悩みを解決するサービスのことです。月経周期を予測するアプリなどの利用が広がっていますので、一度お試しいただくのはいかかでしょうか?

卵子凍結保存する

卵子凍結保存は、卵子年齢が若く妊娠力の高いうちに質の高い卵子を凍結保存し、将来の体外受精などの成功率を高める方法として注目を集めています。卵子が若ければ、母体が妊娠適齢期をすぎても、妊娠出産率が高いというデータがあります。

また、卵子が若ければ、40代の体外受精による出産率は20代と大きく変わりません。(米CDC、2013)

卵子凍結保存は、まず不妊治療クリニックでさまざまな検査を行ったのち、年齢や卵巣機能、体の負担や希望を考慮して、排卵誘発を行い採卵します。その後、耐凍剤濃度の高い溶液に卵子をひたし、マイナス196℃の超低温で凍結し、液体窒素タンクの中で保管します。ちなみに、卵子凍結までの期間は、状況により異なりますが、通院回数は約5~6回と言われています。費用は、一回の検査・排卵・凍結費用に30万から50万、保管費用は、初期費用に加えて年間3~5万円かかります(状況、クリニックにより変動します)。Grace Bankでは、全国に組織化された、国内最高峰の厳選クリニックを組織化しております。また排卵した後の卵子は、23年間、さい帯血の凍結保管システムを無事故で運用してきたステムセル研究所と連携し、安心の保管システムを構築しています。

まとめ

妊娠確率が年齢ごとに低下するのは、加齢に抗うことのできない人間の定めとして致し方ない部分です。しかし、現在の女性は、仕事や夢をもってキャリアを大切にしていて、今すぐ妊娠・出産などを考えるのが難しい状況もあります。将来、妊娠確率を上げることのできる効果的な選択肢としてぜひGrace Bankの卵子凍結保存をご検討ください。

Grace Bankの無料セミナー・個別相談会をご活用ください

卵子凍結には時間も費用も一定程度かかり、お悩みの皆様も多いことかと思います。
Grace Bankでは無料セミナーや、カウンセラーによる個別相談会(いずれもオンライン)を実施しています。セミナーで知識と理解を深めたうえで、カウンセラーへの個別相談で個人的な疑問や不安を解消できます。

▼この記事の監修は…

医師紹介:名倉 優子(なぐら ゆうこ)
杉山産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
かんたん1分!卵巣年齢チェックかんたん1分!卵巣年齢チェック

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
このクリニックを予約するクリニックHPが開きます。