卵子凍結について

卵子にも年齢があるって本当?卵子の質を維持する方法とは

今現在もしくは将来、妊娠出産をしたいと考えていますか?
妊娠前にいろいろと気になって調べて、「卵子の年齢が妊娠確率に影響する」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
女性がもつ卵子には体と同じように年齢があり、私たちが年齢を重ねるとともに卵子も老化するということがわかっています。卵子が老化することによって、その数の減少や質の低下が起こるために、妊娠確率の低下・流産率や受精卵の染色体位異常の増加といったことが起こるのです。
では今あなたがもつ卵子の年齢はどうしたらチェックすることができるのでしょうか。
卵子の質をなんとか維持して妊娠力を高めることはできるのでしょうか。

卵子は年齢とともに老化する

加齢とともに妊娠確率が低下することは広く知られています。その大きな理由として、卵子の数減少と卵子の老化による質の低下があげられます。

加齢による卵子の「数」の減少

女性の卵子の数は、母親の胎内にいるときから決まっていて、加齢によって自然に減少していき、一定の数を切ると閉経するということがわかっています。
生まれたときの赤ちゃんで100~200万個、10代では30~50万個、20代では10万個、30代では2~3万個、閉経時では1,000個にまで減少します。
毎月訪れる月経のたびにたくさんの卵胞で卵子を成熟させますが、最終的に排卵されるのはそのうちの1個です。その他の卵胞では卵子の成熟が途中で止まり、後に消えてしまいます。
つまり月経の度に1,000~2,000個の卵子が消滅するといわれています。
生まれてから卵子の数が増えることはなく、増やす方法もありません。

加齢による卵子の「質」の低下

また、卵子の数が十分にあっても、妊娠にいたる良質な卵子の数が少ない場合もあります。
女性の生涯のうち、卵胞で成長し実際に排卵される卵子は400~500個程度ですが、年齢とともに妊娠・出産までに至る良質な卵子が排卵される確率は減少していきます。
そのため加齢とともに、妊娠率の低下・流産率や受精卵の染色体異常の増加といったことが起こります。

卵子の年齢を調べる検査はある?

今の自分の年齢でどの程度妊娠できる可能性があるかの数値が欲しいものです。
卵巣年齢を推定する指標のひとつとして、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査があることを知っていますか。
AMH検査では、現時点で体内に残っている卵子の「数」を調べることができます。

卵子の「数」を調べるAMH検査とは

卵子は細胞の膜に包まれた状態で存在しており、卵子と周りの細胞を合わせたものを卵胞といいます。
女性は生まれた時すでに一生分の卵子を持っていて、それが年齢とともに徐々に減少していきます。
AMH(アンチミューラリアンホルモンまたは抗ミュラー管ホルモン)というホルモンは発育途中の卵胞から分泌されており、卵巣内にどれくらいの数の卵子が残っているか(卵巣予備能)を把握する目安となります。血液検査によってこのAMHの血中濃度を調べることにより体内にある卵子の数を調べることができるのです。
AMH検査の値が年齢平均より低いということは卵巣に残っている卵子が平均数より少ないことを意味します。年齢が若くてもAMHの値が低いということもあります。
そういった場合は「もともと生まれもった卵子数が少ない」もしくは「卵子の減るスピードが速い」などが原因として考えられています。
ただしAMH検査では卵子の「質」まではわからないため、値が低くても、毎月正常に排卵がおこなわれていれば自然妊娠での妊娠率は年齢に依存したものになります。
しかし卵子の数が少ない人は、妊娠にいたる良質な卵子が人より少ない可能性や、閉経が早くくる可能性も否定できないのも事実です。もし妊娠を考えているならば早めに一度検査をすることをおすすめします。AMH検査は、婦人科や不妊治療クリニックでおこなえます。

参考HP:https://grace-sugiyama.jp/about_amh

卵子年齢をキープして妊娠力を高める「卵子凍結保存」とは

AMH検査にて卵子の数がわかったら、卵子年齢が若く妊娠力の高いうちに、質の高い卵子を凍結保存し、将来の体外受精などの成功率を高めるという方法もあります。
卵子が若ければ、母体が妊娠適齢期をすぎても、妊娠出産率が高いというデータがあります。

※自社HPより抜粋:https://gracebank.jp/

卵子を凍結した年齢が若ければ、40代の体外受精による出産率は20代と大きく変わりません。(米CDC、2013)

現在では医療の発達により卵子を若いまま凍結保管することが可能です。

「卵子凍結保存」とはもともと抗がん剤や放射線治療を行う女性が将来妊娠できるように治療前に卵子を残すためのものとしてすでに行われてきました。取り出した卵子はー196℃の液体窒素の中で半永久的に保存することが可能です。
凍結した卵子は長期間その質を大きく劣化することのないまま保存され、将来子どもを授かりたい時が来たら解凍して体外受精に使用できます。

卵子凍結保存を行なっているGrace Bankは国内最大級のバンクで、確かな実績を持った経験豊富な有名不妊治療クリニックと提携しています。
また凍結した卵子は従来の不妊クリニックのような小型の液体窒素タンクでの保管するのとは異なり、臍帯血バンクのステムセル研究所と提携し、今まで20年以上無事故を誇る専用大型タンクで一括管理をしています。保管施設は地震や津波に強いエリアに設置され、停電対策も万全、安心のシステムで大切な卵子を保管します。

このように体外に取り出した卵子は凍結保存することで長期間卵子の加齢は止めることができますが、一方で母体の加齢は止められません。妊娠出産の際ににかかる母体リスクも考慮して、早めに計画することが大事です。
そのため卵子凍結保存にも年齢制限があり、Grace Bankでも年齢制限を設けています。採卵は40歳未満まで・凍結卵子の利用は50歳未満が目安となっています。

まとめ

卵子にも年齢があり、数の減少と質低下により、妊孕能(妊娠する力)が下がることがわかっています。将来赤ちゃんを迎えたいと思っている女性は気がついた今のうちにAMH検査で自身の状態を知っておくといいでしょう。
そしてさらに将来の妊娠についての1つの安心材料として、卵子の年齢が若いうちに卵子凍結保存をして、将来の体外受精時の妊娠確率をアップさせるという選択肢もおすすめです。

監修者

名倉 優子 なぐら ゆうこ

日本産科婦人科学会専門医


グレイス杉山クリニックSHIBUYA (東京都渋谷区)

杉山産婦人科の医師・培養士による技術を用いた質の高い診療を提供。
将来の妊娠に備えたプレコンセプションケアと卵子凍結にフォーカスした診療。
スタッフは全員女性。明瞭な料金設定も人気!

このクリニックを予約する このクリニックを予約する
かんたん1分!卵巣年齢チェックかんたん1分!卵巣年齢チェック

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
このクリニックを予約するクリニックHPが開きます。