卵子凍結関連NEWS(海外)

🇮🇳ベンガルールで、より多くの女性がする選択とは?

IT産業の中心地として知られる、インド南部の都市・ベンガルール。ここで、女性の卵子凍結が増えているといいます。記事では、多くの女性は、母親としての責任を負う前に、教育やキャリアアップに専念したいと考えていると説明。

5年前には、卵子凍結する年齢が38~40歳だったのが、現在は30~35歳になっているとしています。

費用は約10万ルピー(約15万円)で、卵子は約10年間、または必要に応じてそれ以上の期間保存することができます。女性たちが、キャリアと人生の選択に悩むのは、どこの国でも共通しているようです。

引用元:The Times Of India

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム