卵子凍結関連NEWS(国内)

スノボ竹内智香さんは、卵子凍結を選んだ

日本女子最多の6度目の冬季五輪出場となった、竹内智香選手(38)。金メダルも子どもも諦めたくないという思いから、卵子を凍結して今回の大舞台に臨みました。

「できることなら、五輪に永久に出ていたい」というほどの熱意の一方で、女性の出産という年齢のリミットがあることも事実。迷った末にたどり着いた卵子凍結という決断でした。

竹内選手は卵子凍結も公表、そこには、どんな思いがあったのでしょうか。

引用元:朝日新聞デジタル

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム