卵子凍結関連NEWS(海外)

シンガポール発、知られざる「卵子凍結」事情

先進的なイメージの強いシンガポールですが、生殖医療に関しては保守的な姿勢を貫いています。シンガポールでは、将来の妊娠のために、卵子凍結することが一部の例外を除いて禁止されています。

一方で、女性の社会進出などに伴い、卵子凍結を支持する独身女性が増加。2019年の調査では、回答者の10人に6人が、選択的な卵子凍結を支持しているそうです。現在、法律の改正を巡って、オンラインの請願書には8000人以上の署名が集まっています。

引用元:フォーリンポリシー

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム