卵子凍結関連NEWS(海外)

不妊治療「後進国」?アイルランドの深刻な事情

卵子を凍結する若い女性から、人工授精を受けるカップルまで、アイルランドでは不妊治療が大きなビジネスになっています。実はアイルランド、EU諸国の中で唯一、体外受精への公的な資金サポートがない国なのです。

アイルランドが不妊治療の支援に積極的でないのは、1960年〜1980年の30年間、アイルランドがEUで出生数トップ(女性一人当たりの出生数は3.85人)だった背景があります。しかし、女性の社会進出、LGBTQの人たちの家族が増えるなど、時代は変化。現在は、子どもを持てない人への保護やサポートが不足していると記事は指摘しています。

引用元:The Irish Times

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム