お知らせ

🇦🇺体外受精の「自動化」する新技

体外受精のプロセスで起きるヒューマンエラーを減らし、妊娠への成功率を上げたのがオーストラリアのファティリス社(Fertilis)。

体外受精では、母親の体内に胚を移植するまでの間、培養師がシャーレの中の細胞を段階ごとに移し替える必要があります。

今回の技術は、人手が必要な部分を自動化します。ファティリス社は新しい技術によって、妊娠に必要な体外受精の平均回数を30〜40%減らすことができるとしています。2022年には臨床試験が行われる予定です。

引用元:Axios

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム