海外の事例紹介

受精卵凍結を公表した女性トップアスリート

グレイスバンクのメールマガジンで配信した内容をこちらでもお伝えしています。

今回は隔週でお伝えしている「今週のPickUp!」海外事例紹介です。 卵子凍結、フェムテック事情など、海外の知っておきたい最新トピックをpickupしてお伝えします。

受精卵凍結を公表した女性トップアスリート

アメリカ女子サッカーチームのキャプテンであるベッキー・サワーブラン(36)は、自分の受精卵の凍結しようと決めていました。

ワールドカップで2度の優勝、オリンピックで2度のメダリストになった彼女は、採卵の一環として、ワークアウトをほぼ全面的に中止する必要がありました。

チームがどう受け止めるか不安を感じていましたが、コーチやスタッフは最終的に彼女の決断を理解してくれたと言います。サワーブラン氏は「これこそが、女性を守るための未来だと思います」と話しています。

アメリカのアスリート界では2019年、女子プロバスケットボールリーグ(WNBA)が女性選手のサポートを積極的に打ち出しました。選手が養子縁組、代理出産、卵子凍結、不妊治療などに関わる費用を毎年、約230万円(2万ドル)まで支援するとしたのです。

女子サッカーのプロリーグに所属するレーシング・ルイビル(本拠地:ケンタッキー州)も2021年の秋に、初めて不妊治療サービスを福利厚生として提供することを発表。一般企業の流れをくんでアスリートの世界でも女性へのサポートが広がっています。

引用元:NBC スポーツ

詳細はこちら↓

フェムテックにますます注目が集まる理由

女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品やサービスを指す「フェムテック」。ピッチブックの分析によると、フェムテックに対する世界のベンチャーキャピタルの投資額は、2021年に初めて10億ドル(1150億円)を超えると予想されています。盛り上がりの理由の一つは、女性は男性よりも医療に熱心なことがあります。また、Z世代の女性が、生殖に関する健康などのテーマについて、これまでの世代よりもオープンに話し合うようになっていること。さらに記事ではセクハラ被害を告発する#MeToo運動によって、女性のヘルスケア問題に対する意識が高まったのではないかと分析しています。

引用元:ファストカンパニー

詳細はこちら↓

関連記事

卵子凍結や妊活に関する耳寄り情報は、
各種SNSでお受け取りいただけます。