国内の事例紹介

安易に考えるべきじゃない…でも「凍結して良かった」

グレイスバンクのメールマガジンで配信した内容をこちらでもお伝えしています。

今回は隔週でお伝えしている「今週のPickUp!」国内事例紹介です。 卵子凍結、フェムテック事情など、国内・海外の知っておきたい最新トピックをpickupしてお伝えします。

安易に考えるべきじゃない…でも「凍結して良かった」

参議院議員の塩村あやかさん(43)は、国会で不妊治療の問題に長く取り組んできました。自身が卵子凍結をしたのは、39歳の2017年のこと。ホルモン注射で体にどんな変化が起きるのか、赤裸々に語っています。

卵子を解凍して、妊娠に結びつくまでの確率は高くはありません。そんな事実も受け入れながら、塩村議員は卵子凍結をどう思っているのでしょうか?

引用元:Yahoo!ニュース オリジナル特集

詳細はこちら↓

20代で行った人も!卵子凍結をしているセレブたち

結婚や子どもを作る予定が今なくても、将来の妊娠に備えて「卵子凍結」を選ぶ女性が増えています。記事では、アメリカのセレブの様子を紹介。

先日、40歳で結婚したパリス・ヒルトンは、去年に卵子凍結しました。今は体外受精を始めていることも明かしています。

また、去年に男の子を出産した女優のエマ・ロバーツは、20代後半で卵子を凍結。彼女たちに、どんな理由があったのでしょうか?

 

引用元:ELLE

詳細はこちら↓

不妊治療と仕事の両立企業、国が認定

晩婚化を背景に不妊に悩む夫婦が増え、治療経験者の約20%の女性が離職している日本。厚生労働省は、柔軟に働ける職場づくりを後押しするため、「認定制度」を始めます。2022年の4月から施行されます。

不妊治療をサポートする企業が、認定を受けたい場合、「不妊治療に使える休暇制度を設ける」など、5つの要件を満たす必要があります。認定を受ければ、企業は福利厚生の面から、優秀な人材の確保を狙うことができます。

引用元:日経新聞 

詳細はこちら↓

 

関連記事

卵子凍結や妊活に関する耳寄り情報は、
メルマガの他、各種SNSでお受け取りいただけます。