AMH検査で分かること

AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンであり、血中のAMH値は、卵巣内にどれぐらい卵子の数が残っているかを反映すると考えられています。

AMH値が高ければ卵胞数が多いので、結果的に卵子が多く取れることが予想され、不妊治療を進めやすくなります。また、卵胞数が多ければ、今後排卵できる期間も長くなるので、不妊治療に取り組める時間が十分残されているということになります。一方で、AMH値はあくまで卵子の数の目安であって、質の良し悪しを表すものではなく、直接妊娠率を予測できるものではありません。妊娠率は卵子の質によって大きく変化し、卵子の質は年齢と強く相関していますので、AMH値が低いからと言って、妊娠の可能性が低くなるわけではありません。

AMH値は、平均値を取ると年齢に応じて下がっていきますが、個人差がかなり大きく、20代でもAMH値が低い人、40代でも高い方がいるので、実際に検査をしてご自身の卵子の数の目安を知っておくことは、非常に重要です。

男性の場合、精子は睾丸で毎日作られているので、精子はいつでも新しく、年齢の影響をあまり受けません。一方、卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた卵子が保存されているだけです。したがって、生きた卵子は消滅して数がどんどん減少するとともに、加齢により卵子自体も年をとり古くなります。卵子の数の減少は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということがおきます。実際に、卵子が非常に早く減ってしまい、20代、30代で閉経する女性も少なくありません。AMH値は、残されている卵子の数の指標であり、また他のホルモンと違って、月経周期のいつ測ってもよい少量の採血のみの手軽な検査なので、思い立った時にすぐに受けていただけます。

まずは、AMH値を測ってご自身の卵子の数の目安を把握した上で、今後のライフプランを検討する材料にしてください。

各クリニックでのAMH検査のご案内

Grace Bankの各提携クリニックでは、AMH検査を実施しています。事前にご予約いただければ、採血含めて所要時間は約30分、採血から2週間程度で結果が分かります。料金は7,000円~10,000円程度、診断結果の郵送でのお受け取りも可能です。AMH検査をご希望の方は、各提携クリニックに気軽に電話をして、ご予約ください。なお、こちらの検査は、Grace Bankへの会員登録がなくても、どなたにも受けていただけます。

卵子凍結や妊活に関する耳寄り情報は、
メルマガの他、各種SNSでお受け取りいただけます。